MENU
Sかいちょー
大阪市立大学(現大阪公立大学)中退.投資歴15年以上。大学在学中から主に為替・株の投資に興味があり、日経225やダウの運用歴5年以上。NFT投資での含み益60万円以上。NFT転売で月に30万円以上の利益。NFTゲームで月に1万2千円稼いだ経験あり。NFTの記事執筆依頼は下記のお問い合わせからお願いします。
Pixel finance(日本公式)とコラボ。

SNS

RabbyでRevoke(リボーク)する方法。【詐欺対策】

このページではRabbyでRevoke(リボーク)する方法を紹介します。

リボークとはApprove(承認)を解除するという意味で、こまめにリボークすることで、NFTを勝手に移動させられたり、トークンが抜かれる事を防げるので、詐欺・ハッキング対策に繋がります。

RabbyでRevoke(リボーク)する方法。

Rabbyのロックを解除してウォレットを開きます。

「Approvals」をクリック。

Approve(承認)されてるContract(契約)の一覧が表示されるので、リボークしたい項目を選択します。

Approve(承認)されてるトークンやNFTが表示されるので、リボークしたい項目を選択します。

ガス代を確認して、「Sign」をクリック。

これでリボークは完了です。

めちゃくちゃ簡単だね。

参考までに上記の画像をクリックすると、Transaction(取引履歴)を確認できます。

【Indexing】という表示は処理中を表します。

表示が【Success】になったら、RabbyでのRevoke(リボーク)は完了です。

こまめにリボークして詐欺やハッキングから資産を守ろう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA