MENU
口座開設

bitflyer

GMOコイン

コインチェック

Sかいちょー
このブログを運営しているSかいちょーって言います。
小学生のあだ名がかいちょーだったので、気軽にかいちょーと呼んで下さい。
このブログから毎月5名ほどが仮想通貨取引所の口座開設をしてNFTを始めています。
・保有しているNFT100点以上。
・NFTゲームで稼いだ金額は10万円ほど(2022年)
・NFTアートプロジェクトのCNLメンバーです。
NFTゲーム等、広告掲載依頼はお問い合わせからお願いします。
※当ブログはマイキー佐野氏のNFTクラブとは無関係です。
オススメNFTゲーム

 

 

 

 

 

SNS

Rabbyにメタマスクを完全にインポートする方法。

こんにちは。S会長(@S_kaityo)です。

このページではRabbyをインストールしたけどサイトにVerifyできない時の対処法を紹介します。

結論からいうと「Sign」出来ない原因はインポートしたメタマスクが「Watch mode」だからです。

つまり、メタマスクを完全にインポートすればVerifyが出来るようになります。

それでは、メタマスクを完全にインポートする方法を見ていきましょう。

Rabbyのインストール方法はこちら。

目次

メタマスクの秘密鍵をエクスポートしよう。

ブラウザでメタマスクを開き、右上の「メニュー」をクリック。

「アカウントの詳細」をクリック。

秘密鍵のエクスポートをクリック。

メタマスクのパスワードを入力して「確認」をクリック。

メタマスクの秘密鍵が表示されるのでコピーします。

Rabbyにメタマスクの秘密鍵でインポートしよう。

メタマスクの秘密鍵をコピーしたら次は、Rabbyからメタマスクをインポートします。

Rabbyを開き「Settings」をクリック。

「Address management」をクリック。

「Add Address」をクリック。

「Import Address」をクリック。

「Import Private key」をクリック。

コピーしたメタマスクの秘密鍵を貼り付けて「Next」をクリック。

これでRabbyにメタマスクを完全にインポート出来ました。

Verify(ベリファイ)してみよう。

これでサイトに接続してVerify出来るようになりました。

以上、RabbyでVerify(ベリファイ)出来ない時の対処法でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次